中国語を学んでみよう

言語というのはコミュニケーションを取るために必要ですし海外の文化を学ぶためにも重要なものです。
私は大学で中国語を学びましたが日本とは違った言語を学ぶことで沢山の事を理解できるようになるのです。

今はグローバル化が進んでいるので様々な国と交流ができるようになりました。

言葉が通じなくても理解できる部分はあるのですが細かい話をすることはできませんし本当の意味で親しくなることはできません。

中国語は漢字を使いますし日本にとって身近な言語です。

国同士の交流も盛んなので理解するということは必要なことなのです。自分は日本人なので他の国の言語は必要ないと考える人もいます。


確かに普段の生活で外国語を使用することは少ないでしょう。しかし外国語が理解できれば今までよりも多くのことを学ぶことができ行動の幅が広がるのです。
中国は人口が世界で一番多い国です。

つまり世界で考えれば日本語よりも多くの人が中国語を使用しているということになります。


中国語を覚えることで沢山の人とコミュニケーションが取れるようになり役立つ場面が増えるのです。日本は島国なので海外に行くためには空路を使うことになります。

その分海外との関わりというのは少ないのですが技術が発達して簡単に海外に行くことができるようになったのです。
日本にいるから日本語だけを話せばいい時代ではありません。

企業によっては公用語が外国語になっているところもあります。

だからこそ外国語に対してもっと身近に感じなければいけないでしょう。
中国語というのは発音が難しいものです。

また日本語とは違う感じを使用することもあるので理解するのが難しい部分もあります。しかし難しいと感じるのは当たり前なのです。
自分の国と違う言語を学ぶことで他の国の良さを感じることができ魅力を理解できるのです。

外国語を学ぶのは時間がかかります。
だからこそ継続して勉強しなければいけません。

面倒だと思いながら勉強しても意味が無いので楽しみながら中国語を学んでみましょう。